トップページ 夢酔のトップページ 夢酔ごあいさつ 活動履歴 ゆめよい日記 夢酔写真館 プロフィール リンク
堂野夢酔(どうの・むすい)・水墨の世界
SINCE 1999.12.15

No.328⇒2014.3.13.更新

  ☆夢酔庵にて更新☆

〜次回の更新は未定〜

毎月 5日・20日 更新のつもりで13年も続けてきましたが
No.326からは不定期更新に切り替えました…悪しからず


『ギャラリー夢酔庵』発行、“堂野夢酔”のホームページへようこそ!


江ノ島神社・神奈川 <1900>

江ノ島は引き潮には砂州で陸続きになった
島全体が江ノ島神社の境内と言うことで島の入り口に鳥居があり
神社までの道の両側には旅館、土産物屋が続いていた

【モースコレクションより】

右目失明を乗り越えてサラリーマンより一転、
幼少より憧れだった宮本武蔵を追って
水墨の道へと突き進んだ画家・堂野夢酔、第二の人生。
激しくもドラマティックなその行路。
道は険しく果てしないがそれがまた楽しいと夢酔は語る。
「分からないから面白い」
このホームページを読んでくださった皆様も、夢酔と共に、
この時代を、この人生を、楽しんで頂ければ幸甚です。
               −夢酔庵・営業企画室ー
(一部、日本経済新聞連載『ザ・サラリーマン堂野夢酔』より抜粋)

トップページ 夢酔のトップページ 夢酔ごあいさつ 活動履歴 ゆめよい日記 夢酔写真館 プロフィール リンク